すがたかたち

高橋牧子,すがたかたち
 

すがたかたち  代 表 高 橋 牧 子   Makiko Takahashi

 
ニューヨークから帰国後、2012年に暮らしと芸術の調和をめざし現代アーティストの高橋靖史と共に"すがたかたち"を設立しました。木と布の天然素材で日々手仕事に勤しむ中、高橋靖史の制作した木製ドアハンドルが、JR九州豪華クルーズトレイン"ななつ星"のデザイナーである水戸岡鋭治氏に「なんとも言えない握り心地」と認められ、ななつ星in九州の運行開始の2013年にドアハンドルの製作をご依頼いただきました。その素晴らしい出会いがきっかけとなり、日常の中でドアハンドルは1日に10回としても年に4万回も触る部分、だからこそ「触覚、手触りの心地よさ」が大切なのだと気付き、木製ドアハンドルに着目しました。2013年より現在まで、木製ドアハンドルの製品開発・製作に日々取り組み続けています。ドアハンドルの原型は全て、日本とパリで彫刻を学んだ、すがたかたちのアートディレクター/ドアハンドルマイスターの高橋靖史が、彫刻家としての30年のキャリアを駆使し、ハンドメイドで生み出しているものです。製品は永くお使いいただけるように高級天然無垢材からの削り出しによるもので、最期は自然に還るものです。最近、或るお客様から「すがたかたちのドアハンドルは生活の中で必ず触れるので、無意識下で温かみを与えてくれる」その積み重なりが暮らしの豊かさにつながる、という感想をいただきました。少々風変わりな"すがたかたちのドアハンドル"を見出して求めてくださる方々に励まされながら「生きるすがたから生まれるかたち」を信念にものづくりに研鑽しています。また、気持ちいい握り心地のみならず、見た目にも細部までこだわりがあります。それらは時には個性的な煌きを放ちながら、生活空間の中で主張しすぎず、何処か愛らしく、ただ美しく佇んでいるように見えます。
すがたかたちは、ユニークで究極の滑らかな握り心地を追求する世界で唯一の木製ドアハンドルメーカーをめざしています。